ラブの居ない日

b0056138_1357787.jpg

まだ梅雨入りもせず、このところいい天気続きの大阪です♪
デスクワークの私は窓からの心地よい風と青い空を見ると
ラブを連れていつもの広場へボーっとしに行きたいなぁと
会社から脱走したくなります(笑)

けれど、行けるはずもないし、昨日から1ヶ月間は実家にラブの居ない生活なんです。
と、言うのもT先生のところへ預かりレッスンホームステイへ行くことになったのです。

母から知らされたのは、前日。「6月に入ったらって前に言ったやん」と。
そう言えば、以前、もう一度訓練に出そうT先生のところへ
預けようと思っていると言っていました。
その時は、本気かどうかわからず半信半疑で忘れていたんです。

昨晩からラブが居ないのですが、今日の母、すごく寂しいと言っていました。
死んだらどんだけ寂しいのかも考えたと。

今回、T先生に預けるにあたっては、母の考えがあってのことなので
深くは追求しなかったのですが、思うに犬慣れしていないことや
その他諸々の事を思っての事なんだろうと思いました。

犬は犬同士の中で勉強する事もあるだろうと言う思惑だったみたいです。
なので、訓練で預けた訳ではない様です。
実際、T先生にここを直して欲しいとか、こういう訓練をして欲しい
などは言っていないそうです。

母曰く、私が大学に進学する時に親元を離れた時の感じと
ラブがT先生のところへ行っている今の感じは同じだと思うとの事。
親は寂しくて心配だけれど、人の娘も犬の娘も行った先では
時々寂しく感じるものの、楽しくやっているというのをフッと思いました。

写真は、T先生のところに居るジャンボ君とお散歩に行った時に
T先生が撮ってくれたもの。 ボール遊びをしてご機嫌だったそうです。
暑くなるのは嫌だけど、はやく1ヶ月後になって欲しいと思います。
[PR]

by sumicat | 2006-06-07 21:27 | dog

<< 勘違いしていた… 『リク募金』終了です。 >>