Ruki Note 09/04/25

アニマルコミュニケーション

遡りますが・・・GW前にルキといつか受けてみたいと思っていた
アニマルコミュニケーションを受けに行ってきました。
診て下さったのは、ペットコミュニケーション a-luna[アルナ]の植松先生。
b0056138_96257.jpg
(お写真は前日に行った浜寺公園にて)





私からのいくつかの質問を基に、ルキの言葉を私に伝えてくれました。
★Q=質問、U=植松先生S=私&後日私見

Q:今、幸せ?
U:「僕のことスキ?」って言っています。
 遠慮がちで、自分に自信がなくて、確認したがる子ですね。
 そして、あまり自分からは話そうとしない子です。
 ラブよりも優先にしてあげて、言葉でルキが一番ダヨって言ってあげて下さい。


S:まさか、僕のこと好き?と言われるとは思っていなくて、ショックだった。
 夫・ko1にその暑苦しい愛情とか言われていたのに・・・。
 別居しているけれど、ラブを先住犬として
 ルキは2番目という風に接していたことも原因の様。



Q:うちに来る前のことを覚えているか。 
 覚えているならルキのお父さんがわかる?
 鼻の傷はどうしてできたの?
U:あまり自分から話したがらない子ですが、ルキが見せてくれる映像から、
 閉じ込められたり、時々外に出されたりしていた様。
 かなり過酷だった感じで、食べ物が絡む時は
 かなり他の犬とはピリピリしていた感じ。
 黒の長靴を履いた人が長い棒を持っているのが見えます。

S:だから長い棒嫌いなんですね。
U:ルキのお父さんに関しては、会えばわかるかもと。

S:出身のことは、殆どお話せずに受けたコミュニケーションだったので驚いた。
 そして、そんなにも辛い経験が未だにトラウマになっているんだと感じた。



Q:体調はどう? 目は見えている?
 ルキは大人しいけれど、それはルキの性格からなのか疲れているからなのか?
U:視力がない訳ではないがちょっと見えていないボ〜っとした感じ。
 視神経〜脳に対してぼ〜っとした感じがしています。
 心臓、小腸、しっぽの付け根辺りの背骨にも違和感を感じます。
 下半身のエネルギーが低いので高める様に、
 ホメオパシーやフラワーエッセンス、 ヒーリング、
 ワンネスディクシャを取り入れた方がいいでしょう。
 ルキ自身、無理をしない様に自主休憩はするけれど、
 それよりも更に早めに休ませる方がいいでしょう。

 
S:日常生活でもちょっと感じることがあったので、
 やっぱり目はあんまり見えていないんだなと思った。
 例え見えなくなったとしても、ルキはルキだし、
 盲目になっても元気で過ごしている子も居るし
 一緒に暮らして行くことには変わりないから、
 その時がもし来ても受け入れるしかないと思った。



Q:私たちにして欲しいこと、私たちをどう思っているか、伝えたいことは?
U:「僕こんなんでごめんね」と言っています。
 ルキの居たところは、繁殖も酷く
 「お前は間違って産まれて来た」と言われていたみたいです。
 父犬はゴールデンで、母犬は洋犬のようです。
 兄弟の数頭は外に出された様です。
 繁殖が悪かったこともあり、目と脳に関係しているかも知れません。
 私たち(夫・ko1、私)のことは好きで、ラブも好きですよ。


S:もう、ホンマになんでそんなことをルキは思っているんだろうと、
 私に取って本当に辛い時にうちに来てくれた子で、
 来るべくして来てくれたと 私はルキに感謝しているのに、
 大好きで大事なのにルキがそんな風に思っていたなんて本当にショックでした。



Q:キャンプに行くのは楽しい?
U:お出かけは好きな様ですよ。車に乗るのも、キャンプも楽しいそうです。
 ただ、疲れやすく回復に時間がかかるので早めに休ませてあげて
 お出かけ前はエネルギー・免疫の高まるようにしてあげて下さい。
 車は好きだけれど、長時間の乗車は疲労するので気をつけて。
 ルキはトラウマがまだあるので、お薬を飲むというのではなく
 ホメオパシーやフラワーエッセンスなどを使う方がいいでしょう。


S:ルキのノビノビしている姿が見たいと始めたアウトドア。
 でも、それがルキの負担になっていないか
 とても心配だったのでキャンプが楽しいと聞けて良かった。



Q:オス犬にマウントされてもよほどのことがない限り怒らないのはどうして?
U:「怒れないよぉ」と言っています。
S:ルキの食後に夫・ko1や私にマウントするのはどうして?
U:ヘラヘラ〜と「幸せ〜」だそうです。
 上下関係や、性的なことではなく、ただ幸せ〜なんだそうです。


S: そっか。ルキなりにいろんな経験でのこと、
 ルキの性格からなんだなぁと思った。
 私たちにするマウントはそうなんや。好きなだけやったらいいよぉ〜、笑。



Q:ルキの好きなこと、嫌いなことを教えて欲しい。
U:好きなことは「食べること」と「お昼寝」と言っています。「お昼寝」って?
S:きっと夫や私とソファで一緒にお昼寝することだと思うのですが・・・
U:そういうことですか。(と、先生納得)
 嫌いなことは、「一人になること」

S:シャンプーは?
U:好きじゃないですね。

S:食べること以外はお散歩とかお出かけという想像があったけれど
 お昼寝って・・・確かにノビノビと幸せそうに腹天で
 夫・ko1とお昼寝しているよなぁ〜とシミジミ。
 そして、嫌いなこと・・・、そうやんね。
 植松先生にお聞きしたこと。
 時々、実家の母&ラブにルキを預けて出かけることを
 ルキは嫌だと思っているとのこと。
 ラブと母の繋がりを見せられて自分が入っていけない感じがしていると。
 私とルキが実家に一緒に行くのはOKだけれど、
 ルキだけというのはやめた方がいいとのこと。
 そして、天真爛漫に私が〜〜〜と甘えるラブの様子を
 ルキが見て自分もそうしていいんだと感じるのはいいことだと。
 一人での留守番は寂しいかなと思ってのことだったけれど、
 それがルキにとっては逆に寂しいものだったんだなと。ルキ、ごめんね。
 これからは一緒に遊びに行こうネ!



質問ではなくルキに伝えて欲しいことも伝えて頂き、
その対策もお教えいただいて、50分のコミュニケーションは終わった。

この2年半、私はルキの何を見ていたんだろうと思うと
ルキには申し訳ない気持ちにもなったけれど、
ルキだから私たちのところへ迎えれたし、沢山の幸せを貰ったし
もっとルキ自身、自信を持って幸せを感じて過ごせる様にやっていきたいと
心の底から思った1日でした。


体験談をブログに載せたいと申し出たことをご快諾くださった植松先生。
記事にする前の文面チェックを頂いた時のお返事に
『ルキちゃんのつらい過去が改めて蘇ってきました。
 いつかトラウマが解消され、sumicatさんとの絆が
 今より一層強いものになっていくといいですね。』と仰って下さいました。
お忙しい中、ありがとうございますm(__)m
[PR]

by sumicat | 2009-05-09 09:50 | Ruki Note

<< お昼寝大好き〜♪ Ruki Note 09/05/05 >>