Ruki Note 09/01/06

ホメオパシー療法

本来なら11月に受けようと思っていたホメオパシー療法。
もう少し早く受けていたら緑内障にならなかったかも・・・
という思いもあるけれど行ってよかった。

今までは家に往診に来ていただいたり、
GOODOGさんに来られている時に診ていただいたりしていたけれど、
今回はホメオパシー・ジャパンの大阪支部へルキと共に行き、動物相談を受けました。
(全て主治医の同じ先生です)
b0056138_2032470.jpg
(道中、車内でのルキ)


車でルキを連れて行き、主治医の先生に診てもらい、動物相談中はルキは車内で待機。
(京都支部では犬や猫と一緒に受けれます)
相談内容でわかったことは
・慢性下痢
・肝臓の負担=緑内障治療のお薬の影響
・怒り・攻撃性が高い=私の感情
・緑内障=私の感情
・甲状腺機能低下=大人しい・元気がない
・カルシウムが足りない
・心配をしている=私を心配している
・ビタミンB不足
・カルシウム不足
とのこと。

処方されたレメディー。(約1ヶ月分)
b0056138_2045557.jpg

朝ー緑内障・肝臓 (週1度マヤズム)
昼ー甲状腺(週1度マヤズム)
夜ー恐怖などトラウマに関するレメディ

また、私の感情がかなりルキに影響しているということもお聞きして、
ルキが病気にならないためにも、
ホメオパシーに出会ってから私自身も以前より受けたいと思っていたので
翌週ホメオパシー療法をルキの主治医の先生に診てもらうことに。

近所のかかりつけの病院へは今週中に再度眼圧測定に行き、
ホメオパシー療法にて治療を継続する旨を伝える予定。

ルキが元気で自身の犬生をルキらしく過ごせますように。
[PR]

by sumicat | 2009-01-06 20:23 | Ruki Note

<< 猫じゃらし 小石原焼 「蔵人窯」 >>